契約者の借金の行方

カードローンに申し込んだ契約者本人が、ある日突然病気や不慮の事故で亡くなってしまった場合、それが融資を受けている最中で、借入金額を完全に返済していない状況であれば、契約者本人に代わって契約者の遺産を相続した人間にカードローンの返済義務が引き継がれ、完済するまで契約を解約することが出来ません。

 

相続権を持つ親族同士で相談し、最終的に相続を放棄するという結論になれば、カードローンも財産の1つですから当然その返済義務も負う必要はなくなりますが、同時に貯蓄などの財産の相続も放棄しなければならないので、結果的に損をする事にもなりかねません。その結果、このようなケースでは相続権のある人間が契約者の代わりに返済を行なうことを選択する場合がほとんどです。

 

中には、家族に秘密でカードローンに契約していたことが死亡後に判明するといったケースもあり、このような事態になってしまうと、契約自体を知らされていなかった親族も驚きますし、何より対応に困ってしまいます。

 

万が一に備え、カードローンの契約状況などの情報は家族同士で共有しておくようにして、どんなトラブルが起きた時でも、家族の誰でもが対応できる用意をしておくことが大事です。

 

最近では内緒で借りられるカードローンも増えていますが、信頼の出来る銀行からの借り入れなら、家族に打ち明けるのも気が楽です。信頼性で考えるカードローンの借り入れとなるとみずほ銀行カードローンとなりますので、メガバンクからの借り入れも検討しておきましょう。